テレクラパートナーと実際に会うという可能性も無くはない

テレクラの楽しみ方としては、まずはテレフォンセックスを楽しみ、相手の心を身体を慰め合う関係になる。そこから、普通に会話をしたりなどして、更にテレフォンセックスの回数を重ねると、実際にリアルに会い、セックスにまで展開できやすくなります。

つまり、テレクラを使い、最初はテレフォンセックス目的でも、リアルセックスに持っていきやすいわけですから、実際に会わないのは損だということです。

テレセからリアルセフレへの発展は普通にある

テレフォンセックスを行い、最初は、会う気はサラサラない。こんな考えの男女でも、テレフォンセックスを重ねる内に、リアルな世界で会いたくなり本当にセックスをして、セフレの関係に発展したなんてことは珍しくもなんともありません。

それもそのはずで、二人の中だけで他人には言えない秘密を共有しているわけです。回数を重ねる内にその共有相手と本当に会いたいと思うのは当然ではないでしょうか。

しかしながら、テレフォンセックスが出来た相手とは、100パーセント会えるとは限りません。実際にリアルセックスをするためには、それなりのステップを踏む必要があるのです。

相手の気持ちが何よりも優先

もしもあなたがリアルセックスを期待して、テレフォンセックスだけを望んでいる女性にアプローチをかけ、見事にテレフォンセックスが実現出来たとしましょう。

これで数回バーチャルの世界でセックスを重ねたから、会おうと言い始める。しかしながら、きっちりと割り切って、パートナーは裏切らない範囲で遊ぶとか、欲求を満たすという風に考えている女性ならば、どんな方法でアプローチをしても、実際に会うことは出来ないのです。

気持ちを汲み合わせてあげることで相性の良さも感じさせることが出来ますから、相手の気持ちを察することは何よりも大事なことなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加